日々の仕事が嫌になった時の心境

仕事が嫌になると何もかもが嫌になる

やりたいと思って志望したはずなのに、ふと襲ってくる「辞めたいなあ」という気持ち。

変な客が来て、おかしな要望をされたとき。この人は果たして日本語が通じるのだろうか。

職場の同僚に指図されたとき。上司やオーナーに業務上の観点から指示があるなら喜んで従うけれども、お前はほんの少し先に入っただけのただのパートだろうがと思ってしまう。

仕事の発展がみられないとき。大体の業務内容を把握してやれるようになってしまうと、これからずっとおんなじ作業を延々繰り返しやるだけなんだろうかと感じてしまう。

成果の達成感が得られない時。自分はいったいなんのためにこんな仕事をしているのだろうという気持ちになる。

他のほうが給料がよいことを知ってしまった時。じゃあもうそっちでもいいじゃんって気になる。

参考になったらシェアしてくださいね!

あわせて読みたい